本文へスキップ

油の使用頻度が多い場合

TEL. 052−842-8735

〒468-0034  愛知県名古屋市天白区久方1−150

油をよく使うFrequently use oil

店舗で、揚げ物 中華など飲食店でのエアコン

場所によりますが気化した油性分を吸い込んでしまう場所に設置されているエアコンの場合

夏場に厨房でも暑いのでフルパワーでエアコンを使用すると思われますが、気化した油分がエアコン内部の放熱板で冷やされ液体に戻ります。

夏の間にエアコン内部の放熱板に蓄積された油が、冬場に、エアコン運転が暖房となり加熱されます。

この油はホコリと結合して粘度が高く、泥状となっています。

これが過熱され、油分が炭素化し、放熱板の隙間で炭となって蓄積されます。

通常エアコンクリーニングでは、アルカリの洗剤を放熱板に噴霧し、油を溶かして水で流していくのですが、この状態になりますと、炭素化し炭となってアルミのラジエター状態の中に詰まっているのですから、簡単には落ちません。

というより完全には除去できません、

仮に新品状態でのエアコンの性能が100だとすれば、クリーニング後は炭の詰まりの除去の程度によって85だとかその程度にしか回復出来ない場合もあります。

ですので油分をよく吸い込む場所に設置されているエアコンは、冬の前、秋口のクリーニングをお勧めいたします。

確認方法

     

天井カセット4方向エアコンの場合 エアコンが停止していることを確認

下よりフロントパネルを開けてシロッコファンが見える状態にします。

脚立などを使い頭がエアコン内部を除けるようにしてください。

ライト(懐中電灯)などで、シロッコファンの間から放熱板を見てください。

シロッコファンは手で簡単に回りますので、徐々に回転させながら目詰まりがないか確認してください。

気になれば早い目の対応をお勧めします。時間が経てばたつほど、もとの状態に戻りにくくなるからです。

放熱板の汚れ

発注前のご確認

メールフォームヘ移動     

エアコンクリーニングのバナースペース

サイトマップ

エアコンクリーニングのトムさんのお掃除

〒468-0034
愛知県名古屋市天白区久方1−150
 27−407

電話受付時間 AM9:00〜PM7:00

TEL 052-842-8735

出張料金 無料地区

     

名古屋では、天白区、緑区、名東区  長久手市、東郷町、豊明市、日進市   

出張料金 1000円地区

         

名古屋では、南区、千種区、守山区、熱田区、昭和区、瑞穂区、みよし市

出張料金 2000円地区

          

名古屋では、東区、 東海市、尾張旭市、刈谷市、知立市          

出張料金 3000円地区

    

名古屋では、中川区、港区、中村区、西区、北区、中区 

名古屋地区のエアコンクリーニングバナー