2台とも、埋没配管です。

最近の住宅は、外観をすっきりさせるため、室外機を家の裏側に集め。配管は見えないように、壁の中を通してあるカースが多いです。(埋没配管)

そうすると、エアコンの冷房時に発生する水分を室外に排出するドレンホースも、壁の内部に(埋没)となります。

昨日の現場も埋没配管で、エアコンの取り付けてある壁の外側、下の方に塩ビ管で、ドレンの出口が見えているのですが、壁の中で、塩ビ管にドレンホースが差し込んである、(接続部分に隙間がある)ので、塩ビ管で、ドレン吸引作業が出来ません。

機種とメーカーによっては、ドレンパンを外すとか、ずらすことによって、ドレンパン入口に、高圧洗浄機のガンの先端を入れ、水圧で、ドレンホース内部を流すことができるタイプもあるのですが、今回はできませんでした。

室内機内部でドレンホースがジョインとしてあれば、室内機の下を外しての作業もできるのですが、ドレンホースがそのまま壁に入っていましたのでできません。

室内機の状態などから、まだまだ詰まって水が漏れることなどなさそうでしたが。